斜里町役場

〒099-4192

北海道斜里郡斜里町本町12番地

斜里ふるさとテレワークについてのお問合せ

電話:0152-23-3131 

担当:斜里町役場企画総務課企画係 

中小企業の経営者(役員含む)対象!

2018年知床斜里テレワーク体験モニター企業募集

夏、秋、冬 お好きな時期にご参加いただけます!

ご好評いただいている、世界自然遺産の知床・斜里町での「企業の社員テレワーク」。2017年度1年間で、延べ50社、100名以上の方にご参加いただき、「知床でのテレワークは仕事に集中でき、心身共にリフレッシュできる!」とリピーターもたくさんいらっしゃいます。

一方で「参加はしたいけれど会社から許可がでない」という方も少なくありません。

そこで、2018年の夏は、「中小企業の経営者(役員含む)」の方に、「知床でのテレワーク」を体験いただける企画をご用意しました。

「働き方改革」「生産性向上」「健康経営」など経営視点から、経営者様に、知床でテレワークしていただくことで、企業の経営課題解決のアイデアを見つけてください。

これまで参加された企業のブログをぜひご覧ください。

■モニター企業の体験記(ブログ)

​【モニタープラン概要】

往復の航空券とテレワークセンター(ワーキングスペース及び居住スペース)を無料でご提供いたします。

いつもと違う環境、大自然、新鮮な空気の中で、会社の経営計画や今後の方針をじっくり考えつつ、いつものマネジメント業務も実施いただけます(Web会議環境もご用意。)
また、大自然の体験、オホーツクの豊かな食材、地元住民との交流の中から、新しいビジネスのヒントも見つけていただけるかもしれません。

 

​現地では、知床スロウワークスのメンバーが

サポートいたしますので、安心してご滞在いただけます。

期間2018年7月1日~2019年2月28日までの期間で、3日間~9日間

    ※少なくとも3日は業務日とし、テレワークをしていただきます。

    ※ご希望の日程候補をいただき調整します。

募集企業数:5社(1社につき、経営者または役員を含む、最大2名)

        ※3名様以上の参加も可能ですが、追加人数分の交通宿泊費用は
       会社にてご負担ください。
       しれとこらぼの居住スペースには、4名様まで無料でご宿泊

    いただけます。

知床斜里テレワーク体験モニターに含まれるもの:

  • 羽田空港~女満別空港 往復の航空券(事務局手配)

  • しれとこらぼ2階の住居スペース宿泊

  • テレワークをするサテライトオフィスの利用

  • ウトロのカフェ(GVO)でのテレワーク利用料

  ※女満別空港からの移動(バス等)や現地での食事、移動、観光は

   ご参加者負担となります。

 

参加条件

  • 中小企業(従業員300名以下)

  • 経営者(役員)を含む2名以上

  • 東京都に本社がある企業

  • 最低3日、テレワークを実施

  • 取材依頼があれば協力

  • 事後のアンケートに回答

モニタースケジュールの一例(4泊5日)

1日目水曜日 東京 → 女満別空港(午前便)

        しれとこらぼにてテレワーク

2日目木曜日 しれとこらぼにてテレワーク

3日目金曜日 ウトロへ移動(片道約40分)

       カフェ「GVO」にてテレワーク 

4日目土曜日 知床観光・アクティビティ等

5日目日曜日 帰路

    

応募締切:定員に達し次第
選考方法:選考の上、メールにて結果をお知らせ
します。

     モニターに選ばれた企業様には、一度担当者が訪問、または

     WEB会議を通じ、詳細説明をさせていただきます。

 

以下の応募フォームからお申込みください。 

​海が見えるカフェでテレワーク体験

動物たちとの出会い

知床の海での釣り

斜里ならではのグルメも!

知床スロウワークスが、コンシェルジュとしてサポートします!

​テレワーク環境の整ったオフィスで快適に仕事

通勤時間なしの2階の居住スペースに滞在

​休日は、さまざまなアクティビティ

季節や時間で変わる自然の表情を楽しむ